[リストへもどる]
一括表示
タイトル短編小説『凪』
記事No4552
投稿日: 2018/12/25(Tue) 00:36
投稿者USA
また小説を書いて見ました。少しでも元気になっていただけたら嬉しいです。

小説『凪』

1
私は新幹線の車窓から瀬戸内海の海を眺めていた。曇っているせいもあってか海辺のカラーはモノトーンだった。何も考えていないつもりでも様々なことが頭の中を過る。
今日はクリスマスイブ。


「お帰りなさいませ。今日はどうぞごゆるりとおくつろぎくださいませ。」
お帰り?
私はこの旅館に来たのは初めてなのに。でもその言葉は、余所余所しくもなく、温かく、本当に家に帰ってきて母が出迎えてくれたような優しい言葉だった。
それにしてもなんとなく旅館全体の雰囲気が温かい。入り口にはサンタクロースの衣装を着た旅館のマスコット人形が飾られていたが、それも含めて手作り感が伝わってくる。出迎えてくれた従業員もそうだが、みんな初めて会ったとは思えないくらい自然に接してくれる。
私はこの旅館に電話で直接連絡し予約をした。ネットでは条件が満たされず予約できなかったし、旅行会社でなんて言わずもがな。ホームページを見て楽しそうに働く従業員の顔をみて無意識のうちにスマホを手に取っていた。


「お風呂はどうでしたかの〜。おくつろぎいただきましたか?」
私に給仕してくれているのは失礼ながら、おばーちゃんだ。でも肌なんてまるでタマゴのよう。この旅館のマスコット「タマゴプリンちゃん」のモデルはこのおばーちゃんなのか、と一瞬思ってしまった。それにしても話し方もしっかりしているし、何より雰囲気が他の従業員とは一際違っている。それは単に年齢によるものではなく何年も積み重ねてきた経験というか人生というか、そういったものが綯い交ぜになり何か深みみたいなものがこのおばーちゃんからは溢れている。
「ええ、とても気持ちよかったです。何も考えず、ただただぼーっとお湯に浸かっていました。ぼーっとしたなんていつ以来かしら。」と思い出したように私はおばーちゃんの先程の問いかけに応えた。
「あらまぁ、若いのに。お年寄りみたいなこと言うて。まぁ待っててよ。自慢の料理を持ってきよるけんね。」
おばーちゃんは腰が少し曲がっていたがその歩みはとてもしっかりしていて、そして凛としていた。


メインの愛媛名物「鯛頭の煮付け」を食べ終えたころ、おばーちゃんは私の前の席にひょこんと腰をおろした。
「どうじゃた、旅館の料理は?お口には合ったかの〜。」
「とても美味しくいただきました。それになんだか懐かしくて、、、」
と言葉をすっと吐き出すと同時に一縷の涙がすっと私の頬を滑り落ちた。
「あらまぁ、どうして泣きよるの?なんかツラいことでもあったんか。このばぁで良かったらなんなりと言うてみ」とおばーちゃんに促され、私は堰を切ったかのように話し始めた。
「なんだか最近何もかも上手くいかなくて。仕事ではヘマばかりするし、彼氏ともうまくいかなくて別れてしまうし。こんな時、母親が近くにいてくれたらと思うけど、大好きだった母はもういません。なんとか気分転換をしたいと思いました。家にいたらダメだと思って。クリスマスだからなかなか誘える人もいないし、1人で旅館へ旅行するなんてとても恥ずかしかったけど、とにかく気持ちを変えたかったの。このままじゃダメになると思って。だからいろいろ旅行を計画してみたけど、この時期に1人で泊まれるところなんてないの。なんだか世界でひとりぼっちになったかのようだった。でも偶然にもこの旅館のホームページをみたら従業員のみんながとてもステキな笑顔だったの。もう私自身何年も忘れたかのような笑顔だった。もしかしたらここなら泊まらせてもらえるかもと思って。電話したら快く受けてくれました。旅館に着いた時から家に帰ってきたかのような温かさがあった。そして今食べた、鯛頭の煮付け。母の味付けにそっくりで。急に母のことやら、何やらが頭の中をよぎって、わたし、、、」
と一気に止め処なく言葉を口に出すと、今度は涙まで止まらなくなっていた。その間、おばーちゃんはただ頷き、そして話しを聴いてくれていた。その表情はとても優しかった。
「この旅館の雰囲気が温かい言うてくれるのはありがたいの〜。少しわいの話しをしてええかの。わいはこの旅館に若い頃から嫁いできての。息子にも恵まれた。お客さんにも恵まれ旅館は順風じゃったよ。でもそんな時、主人が病気になってしもうての。もう長くはないと言われて、それからはあっと言う間じゃったわ。主人が亡くなってからというもの、何も手につかなんだわ。幼い息子を残してこれからどうしたらいいのか全くわからんでの。どれだけ主人がわいとって大きい存在やったか。しばらくは立ち直れんかった。でも悲しむだけ悲しんで、へこむだけへこんだら、スッキリしての〜。そこから気持ちを切り替えたんじゃ。主人を愛してたのと同じくらい、息子を愛し、従業員を愛し、お客さんを愛し。そしたらの〜難しいことはよ〜わからんが物事が上手くいくようになりよったわ。だからお前さんも悩みなさい。悩んで悩んで悩みきったらなんかあると思うぞ。お前さんのことも子供のように愛しとるよ。またいつでも来んさいや。」


クリスマスの瀬戸内海。外は快晴だった。風もなく凪く海辺に映る色はコバルトブルーで、どこまでが空でどこまでが海なのかわからなかった。私の気持ちもどこまで広がっていく凪く海のようにとても穏やかだった。
「お一人様ツアー」は少し勇気が必要だったけど、勇気を出したら元気がもらえた。そう思えるだけでちょっとは前向きになれたかな、とクスッと1人で車窓から海辺に笑いかけた。

タイトルRe: 短編小説『凪』
記事No4553
投稿日: 2018/12/26(Wed) 23:44
投稿者ようへい
USA様 短編小説ありがとうございます!
いつも思うのですが、人生はコントロールできない不幸や災難が必ずあります。しかもその領域は少なくない。
しかし実際に起きてしまったことは変えようもないけれど
その事象に対する反応は自分の感情から沸き起こるものなので自分自身の感情であれば変更が可能だと思えます。
こういう考え方を最近よくみますが、これってアドラー心理学から来ているのかなと思います。
いずれにせよ、昭和的な旅館泊まってみたいですよね。^_^

奈良市在住 ようへい

タイトルRe^2: 短編小説『凪』
記事No4554
投稿日: 2018/12/27(Thu) 01:09
投稿者USA
> いずれにせよ、昭和的な旅館泊まってみたいですよね。^_^
>
> 奈良市在住 ようへい

ようへい様

いつもご丁寧な御感想ありがとうございます。

先日、家族旅行で愛媛の道後プリンスホテルに泊まってきました。そこで給仕してくれたのは若い女性の従業員の方でした。その方のサービスは本当に素晴らしく家族みんなが笑顔になれてとても幸せな時間を過ごせました。
そしてその方とは別にご年配の方も給仕をしていらして、聞いてみるとホテルの女将さんとのことでした。とてもきびきびと動いていらして、お客さんとも実に楽しそうに会話をしていらっしゃいました。
僕はこのホテルが好きになり、このホテルをモチーフにした小説を書いてみたくなった次第です。
やはり従業員の方の接客次第でホテルの印象は良くも悪くも大きく変わるものだと思います。

しかし素人ながらに何度か自作小説にチャレンジしていますが、本当に難しいです。なぜこんなことを性懲りもなく続けているかというと、
@小説を書き続けることでどんな変化が自分で起こるか試してみたい
A下手なりにも自分で小説を書いてみることでプロの凄さが肌で感じられ、小説を読むことが何倍にも面白くなる
からです。すでにAについては筆舌に尽くしがたいくらいの効果があります。自分でテニスをプレイすればウィンブルドンが何倍にも面白くなる、みたいな感じでしょうか。

自分で小説を書くなんて無知をひけらかすようでとても恥ずかしく心が折れそうですが、『本を読む人だけが手にする(小説編)』が終了するまでは、この場をお借りして今しばらくチャレンジを続けたいと思います。

タイトル本を読む人だけが小説編
記事No4555
投稿日: 2018/12/27(Thu) 05:14
投稿者カズ

> 自分で小説を書くなんて無知をひけらかすようでとても恥ずかしく心が折れそうですが、『本を読む人だけが手にする(小説編)』が終了するまでは、この場をお借りして今しばらくチャレンジを続けたいと思います。

 本を読むことで「自分がどう変化/進化するか試してみる」というチャレンジ、凄いですね。
 
 さてさて、今年の新刊本のベストとして、USAさんと同感で、サピエンス全史著者の『ホモ・デウス 上下』とナイキ創業者フィル・ナイトの『 SHOE DOG』を挙げましたが、追加情報を書いておきますね。
 
 今年読んだ本で、ノンフィクション小説部門では本田靖春『誘拐』(1977/2005ちくま文庫)が挙がります。
 これは、第一回目の東京オリンピックや大阪万博を経験した世代には忘れがたい誘拐殺人事件「吉展ちゃん事件」の裏側を徹底的に追いかけ、その犯人の実像に迫ったもの。

 あと、拙著『本を読む人だけが手にするもの』はビジネス書を中心に書評しているので、よく聞かれるのは小説ではどの本がオススメか・・・?
 この「よのなかフォーラム」の2万4500の発言中、私が小説を薦めたのは何回かあるのですが、USAさんはそれもリストに加えて読んでくれています。

 私の特徴を生かして「学校もの」だけでのお薦めは・・・以下のようなことになるかな。

第一位『ソロモンの偽証』宮部みゆき(2012/2014年文庫化)文句なく最高傑作。映画化されましたが、残念な結果に。
第二位『告白』湊かなえ(2008/2010年映画化)松たか子主演で大ヒット!私は品川女子学院で女優+監督と「よのなか科」の授業を仕掛けた。
第三位『エイジ』重松清(1999/もはや古典ですね)2004年新潮文庫の表紙は和田中体育館、解説は私が書きました。
第四位『悪の教典』貴志祐介(2010/山田風太郎賞)映画では伊藤英明がサイコキラー教師を演じて話題に。
第五位『冷たい校舎の時は止まる』辻村深月(2004年)校舎に閉じ込められた高校生のミステリー。不思議なムードがあって、この作家はハズレがない。

タイトルRe: 本を読む人だけが小説編
記事No4556
投稿日: 2018/12/27(Thu) 22:58
投稿者USA
>  あと、拙著『本を読む人だけが手にするもの』はビジネス書を中心に書評しているので、よく聞かれるのは小説ではどの本がオススメか・・・?
>  この「よのなかフォーラム」の2万4500の発言中、私が小説を薦めたのは何回かあるのですが、USAさんはそれもリストに加えて読んでくれています。

『本を読む人だけが手にするもの(小説編)』はよのなかフォーラムで紹介されている小説の中から任意に50冊読んでみて自分にどのような変化が起こるのかを試してみよう、といったチャレンジです。皆さまのご協力なしでは成立しえないチャレンジなので小説の推薦をよろしくお願い申し上げます。

>  私の特徴を生かして「学校もの」だけでのお薦めは・・・以下のようなことになるかな。
>
> 第一位『ソロモンの偽証』宮部みゆき(2012/2014年文庫化)文句なく最高傑作。映画化されましたが、残念な結果に。
> 第二位『告白』湊かなえ(2008/2010年映画化)松たか子主演で大ヒット!私は品川女子学院で女優+監督と「よのなか科」の授業を仕掛けた。
> 第三位『エイジ』重松清(1999/もはや古典ですね)2004年新潮文庫の表紙は和田中体育館、解説は私が書きました。
> 第四位『悪の教典』貴志祐介(2010/山田風太郎賞)映画では伊藤英明がサイコキラー教師を演じて話題に。
> 第五位『冷たい校舎の時は止まる』辻村深月(2004年)校舎に閉じ込められた高校生のミステリー。不思議なムードがあって、この作家はハズレがない。

一位、二位はすでに読んだので、他は今から読んでみます。
ご紹介ありがとうございます。