[リストへもどる]
一括表示
タイトル廃校先生
記事No4463
投稿日: 2018/10/19(Fri) 21:46
投稿者USA
『廃校先生』(講談社)浜口倫太郎

これ、本当に面白いです。
こんな小説が僕はやっぱり好きです。読んでいてホクホク気持ちが温かくなります。
しかし、よし先生がわさびを鼻の穴に入れるところはホンマに笑いました。

タイトルRe: 廃校先生
記事No4464
投稿日: 2018/10/19(Fri) 22:11
投稿者ようへい
USA様

書評ありがとうございます。

最近小説の書評が多いですね。(^_^)
私もブックシェア読了しましたら小説に舵を切りたくなってきました。

引き続きよろしくお願いいたします。

奈良市在住 ようへい

タイトルRe^2: 廃校先生
記事No4466
投稿日: 2018/10/19(Fri) 22:24
投稿者USA
> USA様
>
> 書評ありがとうございます。
>
> 最近小説の書評が多いですね。(^_^)
> 私もブックシェア読了しましたら小説に舵を切りたくなってきました。

小説も読んでいますが、今は
サピエンス全史(原著)
ホモ・デウス(下巻)
悼む人(上巻)
を併読しています。

またそのうち書評をあげさせていただきたいと思います。

タイトル作家・浜口倫太郎
記事No4467
投稿日: 2018/10/20(Sat) 08:08
投稿者カズ
 著者の浜口倫太郎さんは奈良県生駒市在住で、妹さんと何度も一条高校「よのなか科」に来られました。この物語は、奈良県南部にある十津川村の廃校になった学校がモデルです。

 2017年、3月23日、ちょうど奈良に移り住んで1年経った日に「よのなかフォーラム」に書いた記事が以下です。そのさらにちょうど1年後に奈良を去って東京に戻ったのですが。

 **********
 『廃校先生』(講談社)は最高!・・・保証します。
 昨日、若草山で鹿たちと一緒に夕日が沈むのを観てから近鉄奈良駅至近の「八寶(はっぽう)」で夕食をご一緒しました。
 (同じ著者の)『シンマイ!』は米作りの話ですが、これも良かった。
 **********

 ちなみに、浜口倫太郎さんは、百田尚樹さんにも通じる関西のTV脚本家で、藤原竜也さん主演でヒットした映画『22年目の告白−私が殺人犯です−』の小説版も彼の作品です。
 この掲示板も、たまに見てるんじゃあないかな・・・(笑)。

タイトルRe: 作家・浜口倫太郎
記事No4468
投稿日: 2018/10/20(Sat) 11:35
投稿者USA
>  **********
>  『廃校先生』(講談社)は最高!・・・保証します。
>  昨日、若草山で鹿たちと一緒に夕日が沈むのを観てから近鉄奈良駅至近の「八寶(はっぽう)」で夕食をご一緒しました。
>  (同じ著者の)『シンマイ!』は米作りの話ですが、これも良かった。
>  **********

お世辞でもなんでもなく藤原さんが「面白い」とお勧めいただいている本は本当に面白いです。やはり何千冊と読まれた中での書評なので信じて間違いなしです。
この掲示板をご覧の皆さまも何かお勧めいただけたら嬉しいです。
今のところ、僕の中の今年のトップは『shoe dog』です。

タイトルRe: 廃校先生
記事No4476
投稿日: 2018/10/23(Tue) 09:21
投稿者浜口倫太郎
USA様
作者の浜口倫太郎です。廃校先生読んでいただいてありがとうございます。よし先生は、お笑いコンビ『スマイル』の『ウーイェイよしたか』という芸人をモデルにしています。彼らとはずっと一緒に仕事をしています。
罰ゲームでよくよしたかに鼻わさびをしていたので、それを使わせてもらいました(笑)。

> 『廃校先生』(講談社)浜口倫太郎
>
> これ、本当に面白いです。
> こんな小説が僕はやっぱり好きです。読んでいてホクホク気持ちが温かくなります。
> しかし、よし先生がわさびを鼻の穴に入れるところはホンマに笑いました。

タイトルRe^2: 廃校先生
記事No4477
投稿日: 2018/10/23(Tue) 19:05
投稿者USA
> USA様
> 作者の浜口倫太郎です。廃校先生読んでいただいてありがとうございます。よし先生は、お笑いコンビ『スマイル』の『ウーイェイよしたか』という芸人をモデルにしています。

浜口様

はじめまして。
まず始めに、作者ご本人さまの登場にとても驚いています。
この掲示板を通して藤原さんとようへいさんに実際お会いできたり、作者ご本人がコメントを下さったり、このような経験を繰り返しているとあたかも自分自身がなにかの物語の中にいるような不思議な感覚にとらわれます。

僕は廃校先生に出てくる「よし先生」のすっかりファンになってしまいました。
「うんこ日誌ってなんやねん。そんなん絶対嫌やわ。」
「なんでお好み焼きのヘラを球場で叩くねん。めっちゃうるさいやん。」
など僕も思わず笑いながらツッコンでいました。モデルがいた訳ですね(笑)

僕もお笑いが好きで特にナイナイさんが大好きなので、お二人のラジオをモデルにした小説をこの掲示板に投稿させていただきました。岡村さんは基本ラジオで彼女がいないと嘆いています(笑)