[リストへもどる]
一括表示
タイトルSHOE DOG
記事No4405
投稿日: 2018/09/22(Sat) 23:32
投稿者USA
『SHOE DOG』(東洋経済新報社)フィル・ナイト

これは今年読んだ本の中では今のところ僕の中のベストです。
NIKEの創業者のお話ですが、成功話かと思いきやこれでもかというくらい苦労話のオンパレードです。それだけにストーリーに人間味があり、胸が打たれます。
読後、NIKEとフィルナイトのファンになりました。

タイトルRe: SHOE DOG
記事No4409
投稿日: 2018/09/23(Sun) 18:03
投稿者ようへい
USA様

書評の継続ありがとうございます。

奈良市在住の ようへい です。

今アメリカでは空前のスニーカーブームで150万円以上で取引されるようなスニーカーもあるようです・・・

1995年にエアマックス95に象徴されるスニーカーブームがありましたが、投機目的のスニーカーブームはバブル経済終焉の特異的マーカーに思えます。

いよいよリーマン後の最初の大規模な不景気がくるような気がしています。

タイトルRe^2: SHOE DOG
記事No4418
投稿日: 2018/09/25(Tue) 23:09
投稿者USA
> いよいよリーマン後の最初の大規模な不景気がくるような気がしています。

この本を読むとNIKEは今後もきっと創造的であり続けるのではないかと思わされます。
結局人の強い想いが組織を動かすのだと思います。
言い換えれば実現したい理想がなく、ただ単に利益だけを追求する組織は遅かれ早かれ衰退するのではないでしょうか。

この本が売れると同時に日商岩井(現:双日)の株価も上昇する気がします。