[リストへもどる]
一括表示
タイトルバリアフリーの嘘
記事No3363
投稿日: 2016/12/27(Tue) 21:37
投稿者カズ

 『人生の教科書[家づくり]』(ちくま文庫/隈健吾氏が解説を書いている)の著者として、住宅メーカーのコラムに連載始めました。
 初回は「バリアフリーの嘘」について、です。

 http://www.nomu.com/60/column/fujihara/1.html

 フローリングのリビングにつながる畳敷きの和室は、40センチ床上げした方が使い勝手がいいし、空間の奥行きも出るという知恵を披露しています。
 昔、大阪のマンション業者がこれを全戸に導入して即完した実績もあるんですよ。

タイトルRe: バリアフリーの嘘
記事No3367
投稿日: 2016/12/30(Fri) 08:57
投稿者おとこさん
>
>  フローリングのリビングにつながる畳敷きの和室は、40センチ床上げした方が使い勝手がいいし、空間の奥行きも出るという知恵を披露しています。


これはまさしくです。私も注文住宅のお客様にこのスタイルを提案しています。

また住宅展示場で家を考える方に一つ注意点です。車イスまで考えるなら外構からですよ。営業マンにバリアフリーと言われても玄関までのアプローチにスロープがなければ意味をなさないですから。
私は自宅をコレで失敗しました。この経験を活かすために営業してるんですけどね。段差を気にされるより、通路幅などを気にしたほうがベターです。

歩けるのでしたら敢えて段差は設けるべきだと私は思います。

タイトルRe^2: バリアフリーの嘘
記事No3368
投稿日: 2016/12/30(Fri) 10:30
投稿者カズ

> また住宅展示場で家を考える方に一つ注意点です。車イスまで考えるなら外構からですよ。営業マンにバリアフリーと言われても玄関までのアプローチにスロープがなければ意味をなさないですから。
> 私は自宅をコレで失敗しました。この経験を活かすために営業してるんですけどね。段差を気にされるより、通路幅などを気にしたほうがベターです。
>
> 歩けるのでしたら敢えて段差は設けるべきだと私は思います。

 素晴らしい指摘ですね。
 
 バリアフリーと称して室内段差をなくしておいたのに、道路面から階段で上がらなければならないお宅は多いと思います。敷地が狭いとアプローチがなかなか取れませんから無理もないんですが。

 それだったら、いっそ、いざとなったら車庫からリフトで勝手口に上がれるように、あらかじめスペースを確保しておく方法もありますね。
 うちの場合は、そのことも考えて、玄関の上がり框も段差を車椅子で登れる程度にしてあります。
 http://www.yononaka.net/neo-japanesque/tatedoki.html (藤原和博のデザインワークより)

タイトルRe^3: バリアフリーの嘘
記事No3369
投稿日: 2016/12/30(Fri) 14:20
投稿者おとこさん < >
>  それだったら、いっそ、いざとなったら車庫からリフトで勝手口に上がれるように、あらかじめスペースを確保しておく方法もありますね。

なるほどですね!
ココを突き詰めていくと住環境は都市部から地方への横の広がりでなく、お気に入りの場所で上へ上へと伸びるかもしれませんね。店舗や住居、医療施設や文教施設など全てが一つの建物にあり、あとはエレベーターで移動すればよいですからね。楽しくはないでしょうが。


>  うちの場合は、そのことも考えて、玄関の上がり框も段差を車椅子で登れる程度にしてあります。

素晴らしいですね。「実際」を知っている方でなければ見えない点だと思います。勉強になります。