[リストへもどる]
一括表示
タイトルよのなか科 と トラブル
記事No3254
投稿日: 2016/10/30(Sun) 15:41
投稿者村田 敏也

土曜日の第14回よのなか科「小さなことから始める大きな社会改革〜デザインの役割を学ぶ」@奈良市立一条高校。4月からもう14回になるのだ。

面白いと感じたのは、新しい『かき氷機』のデザインをイタリアのデザイン学校に実際に頼んだところのプロセス。

インタビュー -> リサーチ -> コンセプトづくり。デザイン学校のその資料を授業後に見せてもらった。イタリアのイメージ、素材のイメージ、ハンドルのイメージなど、現存のモノをつなげながら、新たなアイデアやデザインを創出する。

このプロセスはいろいろなものに活用できそう。欧米でデザイン・スクールが人気なのもよくわかる。

自転車で1時間、自宅に戻るとトラブル発生。実は鍵と財布を持たずに家を出たのだ。

ワイフと娘は実家、息子は部活に外食。昼〜夜までの10時間、仕方がないので図書館とイオンの本屋で過ごす。

そこで、2冊の本に出合った。脳科学者中野信子著『あなたの脳のしつけ方』、五郎丸のメンタルコーチ荒木香織著『ラグビー日本代表を変えた「心の鍛え方」』。

カナダの心理学者の「他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる」という言葉を思い出した。

たまにはトラブルも良いものだ(笑)。