[リストへもどる]
一括表示
タイトルタイで起業し日本企業との架け橋になっている伊藤忠同期。ブログ更新しました。
記事No3170
投稿日: 2016/09/14(Wed) 21:30
投稿者立花貴
参照先http://ameblo.jp/tachibana87
タイで起業し日本企業との架け橋になっている伊藤忠同期。
400以上の企業/団体をサポート。
ブログ更新しました。

タイトルタイで
記事No3172
投稿日: 2016/09/15(Thu) 05:31
投稿者カズ

 Japan Oyster三陸himeco(ヒメコ)、いいですね。
 素晴らしい!

 なんだ、タイに行ったんだったら、元和田中学ボラの人事部長、浦崎雅代を紹介しとくんだったなあ。現地の大学で教えていたんですが、タイで旦那さんを見つけて結婚し、子育てしてる強力な女性です。まあ、そのうち会うことになるでしょうが。

 浦崎雅代ブログ:http://urasakimasayo.blog.jp
 プロフィール:https://note.mu/urasakimasayo/n/n9d69f0cdad76

 ついでに言うと、ライター・佐保美恵子と写真家・奥野安彦の夫婦も友人ですが、チェンマイ在住で強力なコーディネータをタイでやってます。子育てを現地のインターナショナルスクールでやってたんだけど、もう大きくなってアメリカに留学してるんだっけかな。
 日刊チェンマイ新聞 http://www.norththai.jp/help/

 三陸ブランドがタイで浸透していくといいですね。

タイトルRe: タイで(
記事No3173
投稿日: 2016/09/15(Thu) 19:39
投稿者日笑(浦崎雅代) < >
藤原先生!
タイと言えば浦崎、と思い出してくださり
ありがとうございます。

立花さんの「三陸の豊かな海の幸」
ジャパンオイスター・サンリクのお話、素敵ですね!
バンコクの日本食レストランは数え切れないほどありますし
タイの方も好きな方多いので
ぜひ日本の牡蠣ブランドとして多くの方に届くといいですね。
いつか立花さん、そして梅木さんにもお会いしたいです。

昨年、夫婦共に大学の先生を辞めて
フリーランスと農民になるという選択をした私たちですが
おかげさまで、皆元気に暮らしています!

大都会バンコクから東北部に向けて車で3時間。
カオヤイというところですが
位置的に言ったら、「タイの福島」のような感じでしょうか。
海は全くない地域ですが、軽井沢のような高原で
避暑地でもあります。

主人はキノコを栽培したり、野菜を作りながら
私はタイ仏教の説法を翻訳して生計を立てています!
また先日、自家製風力発電機を導入でき
今は太陽光と風力の2つで電力を賄っているという
完全オフグリッド生活です。

かつての和田中ドテラ人事部長
今はタイのこんな田舎の生活です(笑)!

しかし、どこにいても人事部長魂は生きておりますので
日本の生徒さんたち、タイの田舎暮らしを体験したり
タイの人たちとガッツリ交流したいというご希望がありましたら
いつでもお声かけくださいー。

30人くらい宿泊できるゲストハウスもありますよ。
藤原先生も、ぜひ!

タイトルタイで
記事No3174
投稿日: 2016/09/15(Thu) 22:52
投稿者カズ

 オーッ、やってますね。

 和田中ドテラやテニス部でお世話になった(深田さんの子分でもある)鈴木(方南町のパン屋の娘)が、明日、奈良に来て一緒に食事。その後、土曜日の「よのなか科」に参加します。

 日笑さん・・・なんか、笑っちゃいますね。

タイトルあの美味しいパン屋さんの!
記事No3175
投稿日: 2016/09/16(Fri) 14:25
投稿者日笑(浦崎雅代) < >

 な、懐かしい〜。 
 方南町のあのパン屋さんの!

 奈良でのよのなか科にも
 私もいつか参加したいですー。

 日笑(ひえみ)の方が、実は本名なんです。
 戸籍を今の名前に変えてしまったのですが
 生まれた時に父がつけてくれた名前。

 こっちの方が、よかったなあ(笑)

タイトルRe^2: タイで(
記事No3179
投稿日: 2016/09/19(Mon) 07:07
投稿者立花貴
参照先http://ameblo.jp/tachibana87
浦崎雅代さま
はじめまして。立花と申します。
フリーランスと農民、自給自足的生活、オフグリッド生活
どれも大変興味がございます。

私は、震災後、20年働いた東京から地元・宮城に戻り
こどもたちの複合体験施設 http://www.moriumius.jp の運営や
漁師メンバーとともに(株)雄勝そだての住人 という会社をしてります。http://ogatsusodateno.jp/

全省庁の5%にあたる霞ヶ関行政官研修や
企業研修受入れなども行っています。


次回タイへ行く際には、ぜひお目にかかれれば嬉しく思います。
よろしくお願いいたします。

タイトルタイ地元料理で、お待ちしています!
記事No3184
投稿日: 2016/09/20(Tue) 08:38
投稿者日笑(浦崎雅代) < >
立花さま

 浦崎です!
 ありがとうございます。

 藤原先生とのご縁を通して
 立花さんのご活躍、いつもすごいなあと拝読していました!

 ぜひタイにいらっしゃる際は
 こちらまで来ていただけると嬉しいです。
 畑で採れた野菜で、地元料理をご馳走させてください!

 まだまだ規模は小さいですが
 タイの方たちと一緒に自然の中での暮らしを
 学んでいます。

 楽しみにしております!!

タイトルRe: タイで
記事No3178
投稿日: 2016/09/19(Mon) 06:54
投稿者立花貴
参照先http://ameblo.jp/tachibana87
藤原先生
浦崎さまのご紹介有難うございます。
次回バンコク伺った際には必ず浦崎さまにご連絡させていただきます!