[リストへもどる]
一括表示
タイトルTVゲーム自論・セーブについて
記事No2954
投稿日: 2016/05/17(Tue) 02:34
投稿者駄菓子明太子
ごめんなさい。ぜんぜん世の中について、じゃない話になるのですが、TVゲームについての疑問です。

「セーブ」って、できるようになって、それって、良かったことなんですかね?

アクションゲームに限っての話なんですが、セーブができるようになって、ろくなことがないのです。まず、アイテム収集を、コンプリートさせることを、(心理的に)強制されるようになった。

そして、それより問題と感じるのが「うそでも、いちどクリアしてしまえば、それでOK」ということに、なってしまっていることです。

セーブが出来る前のアクションゲームは、そうじゃ、ありませんでした。まず、クリアできない場所ってのが、出て来る。それに対して、必死に何度も練習する。

「クリアできた!」そう、喜んでみた所で、じゃあ、また次に、その場所って、問題なく、クリアできるか?となると、クリアできない。「たまたまクリアできた」というのと「熟知した」というのは、違う。という構図があったのに、これが、混同されるようになった。「やり逃げ」なんです。「昨日のことは、昨日のこと、今日は、今日。」とも、もう、言えない。

その問題に対しての、アンチテーゼというか、問いかけというのか、やってたのは、「トルネコの大冒険」だったり「風来のシレン」だった訳ですけど、今になって、エミュレーターで、それを確認しようとしても、エミュレーターでは再現できない箇所に、ぼくの言いたいトラップは、実装されてたり、じゃあ、当時のカセットを手に入れて遊べばいいのか?って、今はもう、バッテリーが切れてるはずだから、これもだめなんですよね。

(ネット環境を揃えることが、ふつうになってしまった今となっては、時代錯誤のことを言ってるかも??という問題点に、気づいたのですが、その環境については、知らないし、書いたそのままを投稿してみます。)


駄菓子明太子

タイトルRe: TVゲーム自論・セーブについて
記事No2962
投稿日: 2016/05/19(Thu) 21:12
投稿者駄菓子明太子
投稿が、削除されていないので、もう1段階だけ。ぼくが風来のシレンを遊んで「徹底しているな」と、うなったポイントについての説明だけ、させて下さい。

まず、このゲームは、死ぬと、はじめから、やりなおしになります。それなのに、バッテリーバックアップのシステムで、セーブが出来ます。セーブの、ある理由としては、おおよそ、以下の理由です。

強化した武器・防具と、冒険中に拾ったアイテムを、倉庫に保管しておける。この、保管データを、セーブしておける点。

(裏面ではなく、表面(おもてめん)は、これらを使ってクリアすることを、許されている。)

冒険中(6〜9面あたり?)で、出会った少女を、無事に、両親の所へ連れてゆけたら、そのことに対しての展開(倉庫が増える)を、セーブしておける点。

表面(おもてめん)を、クリアした、というフラグを、セーブできる。

「フェイの問題」の、進捗度合を、セーブできる点。

・・・など、なのですが(言いたいことから離れてゆくので、途中でやめにしました)それに追加して、まず、

バッテリーバックアップの特徴を活かして「リセット禁止」というシステムに、なっている点。

このゲームは、「死んだら、はじめから」なのですが、1回1回の冒険に対しては、途中で、セーブできるんです。冒険に、時間のかかる場合も、ありますので

・・・というか、これ、プレイヤーの意志とは関係なく、そのフロアに降りてからの、プレイヤーの行動は、勝手にセーブされています。

なので「あ、これ、詰んだ」という理由でリセットをしても、どうにもなりません。

リセットボタンを押す直前の状態から、ゲームは再開になります。

それは、まあ、ありえるかな。と思ったんですけど、それで終わりでは、なかったんです。

データは3つ、セーブできるので「これを抜け道にして、どうにか、有利にゲームを、すすめられないか?」と、当然、考えるんですが、

まず、データ1で、階段を下りる直前など「安定した状態」にあるデータをセーブします。

「じゃあ、これを、データ2に、コピーすれば、いいんじゃね?冒険の、途中データを、バックアップできるよね」って、やってみたら・・・

冒険の、途中から始まるはずのデータ2は「はじめから(1面から)」の、データに、変わってるんです。(その処理に対しての、メッセージなし。無言です。)

この対処に対して「あれ?」「そうなのか」「そう来るか」など、試したユーザには、様々な感想なり、あったはずですけど、ぼくは「徹底してるな」と思いました。


駄菓子明太子