[リストへもどる]
一括表示
タイトルくりさん こんにちは
記事No2665
投稿日: 2016/01/08(Fri) 22:26
投稿者鈴木啓子
不勉強で藤原さんのこと本は読んでいませんが
私なりのこの問いのAを考えてみました

私も弟が学校の成績がすこぶるよく
体も弱かったこともあり
母はいつも弟をエコひいきしていると
不満がありました

でも自分が親になってみると
今まで分からなかった
母の私に対する行為が弟とは全く違った意味で
愛情のあるものだったかが分かりました

その時からこう思うようにしています

今はマイナスな気持ちや
やるせない気持ちがあることも
いずれ未知の経験をした後分かることもある

その時の感情はそのまま大切に取っておけばいいや
そのうちあの母の愛情が分かった時のように
すーとした気持ちになる

投稿を読んで横から参加してしまいました

タイトルRe: くりさん こんにちは
記事No2677
投稿日: 2016/01/19(Tue) 23:50
投稿者くり
鈴木啓子 さま

ご連絡をありがとうございます。
大変、大変嬉しく思います。

『「毎日の悩みが消える」働き方の教科書』はカズ・イズムが奏でるおすすめの一冊です、ぜひ読んでみてください。正確には書籍というより実用書に近く、手元に置いておくと便利です。私は心に迷いが生じたときに読み返して方向を正しています。

啓子さんからお力をいただきました。

私は未熟者なもので、不安の種を心に置き留めておくと、そこから芽が出て悪さを始めます。もう長いことそんな状態でしたので、思い切って姉に話してみることにしました。すると「私は妹の方がよかった、羨ましかったな。」と意外すぎる答えが返ってきました。

二人で大爆笑でした。

姉は両親に事あるごとに干渉されて、こころの自由がなかったようです。そう言われると、姉に対する監視の目は厳しかったように思います。

雲の切れ間から日の光が差したような、そんな気持ちになりました。成長を生むモチベーションが上がりました、ありがとうございました。