トップページ ホームページ
30/40's(サーティ・フォーティズ)
昭和30年代生れの40代のひろば



1955.7.4生まれ
(有)ミネティー代表



本名の松木美音(みね)という名の示す通り、美しいソプラノボイスと音楽的才能を充分に与えられて生まれる。幼い頃から歌うことが大好きだった少女は、フェリス女学院短期大学声楽科でクラシックを学ぶかたわら、あらゆるジャンルの音楽に親しみ、ごく自然に歌の道へ。約20年に渡り、スタジオミュージシャンのボーカリスト&コーラスとして活動。これまで歌ったCMソングは“ポンジュース”“ソフランS”“イオナ”のサウンドロゴなど2000曲以上にのぼり、その声はすでに多くの人々に知られている。
1994年9月、奄美大島のコンサートを機に「生かされている自分を歌で表現し、愛と平和の想いを伝えていこう」と決心、ソロシンガー《ミネハハ》として歌い始める。ミネハハという名はネイティブアメリカンの言葉に由来し、ミネは「水」を、ハハは「微笑み」を意味する。その美しい高音の透明感あふれる歌声は、水のように微笑みのように人々の心をそっと潤し、優しいバイブレーションに魅了され癒されたというファンは多い。
「私の中にある奉仕と母性と慈愛みたいなものが、声として表現されているのだと思います。私の歌に、安らぎや穏やかさ、力強さ、希望を感じていただけたら嬉しい。今の時代、皆さん疲れているでしょう。だからそっと抱きしめてあげたい」
ミネハハ(美音+母)として、日本の母の心を歌い続けている。



■全国各地で、主催者との手作りコンサートを展開。
■『ミネハハ』 URL 
http://www.world-egg.com/minehaha/
■ミネハハ E-mail minehaha@gol.com






子供の頃は…
空を飛べる人になりたかった






 シンガー
ミ ネ ハ ハ
パソコン教育開発
仁井 雅雄
子育て環境改善
濱砂 圭子
就職コンサルタント
本田 勝裕

VOL.1VOL.2VOL.3VOL.4VOL.5VOL.6
VOL.7VOL.8VOL.9VOL.10VOL.11VOL.12
30/40s TOPよのなかnetホームページ